一定のレベルに到達したら英語学習は実践で身につけるのがベスト?

文法と単語をある程度覚えたら、次は実践で覚えていきます。
英文法と英単語というのは、英語を身につけるうえで最も基本となる部分です。
では、英語学習は実践で身につけるのが良い理由についてご紹介します。

英文法、単語を覚える時には、実は実践から覚えた方が良いという人もいます。
つまり、ネイティブスピーカーの英語をしっかりと聞いて、真似することではじめて覚えられます。

何事も、実践よりも良い学習方法、練習方法はないのです。
文法を完璧に覚えていなかったとしても、間違えてしまっても良いので、自分から実践の場にあえて飛び込んでみるのも良いですね。

■実践に飛び込む勇気が必要
実践の場に飛び込む勇気を持つことができれば、英語が話せるようになる未来はより確実に近づいてきます。
英語が話せるようになった日本人というのは、自分からコミュニケーションを積極的に取りに行けた勇気のある人なんですよ。

ネイティブスピーカーの友達がいれば、その友人達と英語を話すことによって実践できますし、いないのであれば海外ドラマ、映画などからネイティブが使用する英文方や単語を盗んでみてください。

■発音トレーニングの重要性
英語を実践する習慣がつけば、発音トレーニングにとりかかってください。
常に発音には注意しつつ英語を話すことになりますが、発音にはひとつのルールがあります。
ルール通りに発音を練習することで、発音の力はしっかりと上達していきます。
しかし、ルールを無視して耳コピだけで話そうとしていると、ピアノ初心者が楽譜もなく難しい音楽を奏でようとしているのと同じです。

また、日本人はそもそも欧米人とは舌の構造が違うと言われていたり、英語の環境で過ごさなければ発音はなかなか身につかないなどといわれるのですが、そのようなことはありません。
結局のところ、本当に必要なことは発音のトレーニングを諦めることなくひたすらに続けることです。
しっかりと身につくまでトレーニングを続けることができれば、そこではじめて自分のものになっていきます。

そのため、にはモチベーションを維持したり、目的を明確にすることも必要ですが、トレーニングを続けながらしっかりと実践も盛り込みつつ自分の英語力を向上させていってください。
そうすれば、本当の意味で効果的な英語力を身につけられるようになるんですよ。
なかなか簡単なことではありませんが、しっかりとトレーニングを続けられれば、決して不可能なことではありません。

コメント