リピーティングが英語学習で有効な理由は?リピーティングの重要性とは

英語学習はリスニング教材を使用して英語の音に慣れてくると、教材の音声を真似するようにして声に出していきます。
この声に出すトレーニングであるリピーティングも英語学習においてとても重要になってきます。

リスニング教材で英語の音に慣れてくると、教材の音声を真似して声に出します。
これがリピーティングです。
リピーティングというのはとても簡単です。

CD教材を聴いて、一定の長さで一時停止します。
そして聞こえた通り真似をして口に出すのを何度か繰り返していきます。

何度か繰り返す行うと、英単語の発音、英単語間における音の繋がりなどがわかるようになりますので、自然と英語の発音をしっかりと身につけられるようになっていきます。

■ディクテーション
ディクテーションというのは聞き取った英文を書き出していく勉強法になります。
英文を書き出すことによって、リスニング力はもちろん、正しい英文を書くうえでの英文力が上達します。

CD教材を聴いて、聞こえた英文を書き取っていきます。
書き取った英文にテキストとを見比べるようにして聞き取れなかった部分を確認します。

聞き取れなかった単語、英文に関して聞き取れなかった原因をしっかりと分析して克服すると、ディクテーションの効果をより高められます。

■オーバーラッピング
オーバーラッピングというのは、テキストの英文を見つつCDの音声と同じタイミングで音読をする勉強方法になります。
オーバーラッピングを行うことによって音と文字が一致しますので、英文が聞き取りやすくなります。

オーバーラッピングを繰り返していくことによって、英語のイントネーションが飛躍的に上達します。
簡単でもっとも基礎的な勉強法として知られていますので、初心者が行ったとしても効果を実感しやすくなります。

■シャドーイング
シャドーイングとは、テキストの英文を全く水に、CDの音声に続けて発音します。
音声が聞こえて1秒ほど時間をあけて発声する勉強方法になります。
シャドーイングはリスニング力はもちろん、スピーキング力を飛躍的に向上させる働きもあります。

流れてくる音声に少し遅れつつ音を真似する時に、自分が発音をしている時には音声が先行しています。
そのため、音声の音と重なることで、自分の発音を確認しにくくなります。

そういったことから、シャドーイングを行う時には、リピーティング、オーバーラッピングがスムーズにできるようになってからにしてください。

コメント