リスニング上達をするにはどのようなコツを押さえておけば良い?

英語学習をしている人の中には、リスニングが状態せずに悩んでいる方も多いと思います。
文法や単語なら勉強をすれば結果はでますが、リスニングは練習してもなかなか結果が出ません。
ではリスニングを勉強する方法についてご紹介します。

リスニングが上達しない最大の原因は、間違った方法で練習をしている場合が多いです。
そこで本当に効果が出るリスニング練習の方法について確認していきましょう。

まず、聞き流しは時間の無駄になりやすいです。
テレビやネットのCMを見ていると、それだけでも英語が身についた!
なんて情報を耳にすると思います。
英語オーディオの聞き流しをしているというんですね。

でも、聞き流していたら英語が買ってに身に付くというのは英語教材を販売するためにあるいみ宣伝文句です。
現実には、聞き流しても時間が過ぎていくだけでも、英会話というのは身につかないですし、リスニングはなかなか上達しないものです。

■発音の変化を身につける
日本人に英語が聞き取れない理由としては、英語の音の変化を知らないからです。
発音の変化を知らずにいくら英語オーディオの音ばかりをきいていたのであれば、リスニング上達はしません。
英語の才能がないのかお…
もう若くないから身につかないんだろう…
そのように悩まなければならなくなります。

そうならないために、最初に英語の発音の変化についてしっかりと学ぶようにしましょう。
発音の変化をある程度学んだら、ディクテーションの練習をしてみてください。

ディクテーションというのは、英語を聞いて文字に書き出すという練習方法になります。
数分程度の短いオーディオを聞いてから、人分ごとに文字に起こしていきます。
この作業を繰り返すのです。

聞くだけではなく書き出す必要がどこにあるのかといえば、聞いているだけで前置詞、冠詞といったものを聞き漏らしても問題がないことに気がつけます。
ディクテーションの練習をすることで、細かいところまでしっかりと意識して聞けるようになります。

ディクテーションに使う教材としては、内容の7割ほどうを理解できるものがおすすめです。そういったものであれば、手軽に取り入れられます。

■継続して続ける
ディクテーションをしたとしても、それを継続して続けなければ意味はありません。
しっかりと身につけたいという目的をもって、トレーニングをしてみてください。
そうすることで、本当の意味でディクテーションで効果を期待できるようになります。

コメント